パンとお菓子
おからとアーモンドの田舎風タルト

一年半前から一緒にお仕事させてもらっているItalGabon用に考えた、おからとアーモンドの田舎風タルト。普段、ガボンでは定番メニューとして置かせていただいていますが、昨日2ヶ月ぶりに納品させて頂きました。季節ごとに、新作ケーキやタルトをガボンのお二人と一緒に考え、作らせて頂いてきました。いや~、結構色々作ってきましたよ~?ロールケーキとかタルトとかタルトとか、ロールケーキとか・笑 毎回、配合も味も、見た目も複雑にしてしまう私に対して、「シンプルで切りやすいもの」(笑)とのお題を頂き、考えたのがこのタルト。世の中で余っている「おから」であれば、質のよいものが手に入ります。それをケーキに活かせないかと閃いたアイデアでした。

京都市長岡京のあらいぶきっちんさん。お豆腐、お揚げ、何でもメチャクチャ美味しくて、もう5,6年前からのファンでした。北海道産小麦粉、九州産の無農薬フスマ、よつ葉乳業のバター、あらいぶさんのおから、京都産のこだわり卵、有機アーモンド、バニラの香りのするきび砂糖、養蜂家さんの国産蜂蜜を使用しています。おからはそのままでも食べられるほど、クリーミーなので臭み消しなんて必要ないの。素材の持つ味、エネルギーって偉大だなぁ◎このタルト、自画自賛するようで申し訳ないのですが、ケーキの中では傑作級に出来たレシピなので(笑)、うちのお店でも置く予定にしております。
 

空焼きしたタルト台にクリームを詰め込んで、フォークで渦を巻くように模様をつけています。ItalGabonにお越しの際は、二三味珈琲の豆で煎れた美味しいエスプレッソとCHIPPRUSONのお菓子をどうぞ♪♪ ←リンクをスクロールしてね!

お菓子 |  2013.03.24
お菓子作り、パン作り

春の芽吹きのイメージで作ったタルト。フスマ入りの塩味のサクサクした食感の土台、おからと粒アーモンドを粉にして、少々食感を残したやさしい甘さのフィリング。お誕生日用だったので、余った生地とナッツやドライフルーツで少しだけ華やかに。
 

一年前から一緒にコラボレーションしているcafe1001用に作った酵母生地のロールパン。自家製酵母+国産小麦だから重たくて酸っぱい、っていうのは違うんじゃないかと、思い続けてきた私。このロールパン、びっくりするくらい柔らかくて軽くて、ほんのり甘いフルーツの香りがするのです。まだ少し、調整しきれていないところも残りつつ、ちょっとずつパンを焼く調子が戻ってきてるよう。
 
 

初めまして。CHIPPRUSONオーナーの「クマ社長」というあだ名のぬいぐるみ。もう何年か前から、「社長」と呼ばせていただいております。自分のカワイイものが好きなところ、どうも男前過ぎる性格とマッチしきれていないアンバランスさ、ちょっとした恥ずかしさも手伝って、いつしかそんな風に呼ぶようになってしまったオチ。関西人なんですかね~笑 何にせよ、来店してくれる友人、知人一同は、まず「社長」に挨拶してくれるので、なかなかおもしろい光景となっております。

二日間焼いて、一日休憩、また二日間焼く。そんなサイクルで少しずつ、パン自体の質は良くなってきています。酵母の材料が届いたので、明日、仕込みをしようかな。

お菓子 |  2013.03.23
胡桃と黒胡麻、クランベリーのBAGEL

穏やかな春の雨が降る、静かな一日でした。
寒さも和らぎ、暖房をつけなくても過ごせるようになってきたかな。

 

 

 

 

 

胡桃と黒胡麻、クランベリーを生地に混ぜ込んだBAGEL。
昨日、夜中に焼き上げてみました。
高知から届いた美味しい蜂蜜。
お店でも取り扱う予定だよ。

 

 

落ち着いてパンを焼き、写真を撮る時間を味わうこと自体、久しぶりで。
カメラをぶら下げて、店内をウロウロしながらいい光を探したり。
営業が始まるまでの、少し贅沢な時間を楽しみながら。

 

 

パン |  2013.03.18
Photos

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花で埋め尽くされた店内、一足お先に春の匂いを感じてます。

本当にありがとうございました。

写真に写りきらない分は中庭に。

大切に育てていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

雨の日の鞍馬口通り。

この通りが大好きで、ここでお店をしたいと、

心からそう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレオープンの日、wa-noくんがギターを弾き、

marlynが歌ってくれた。

一生の想い出。

嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご近所のおもしろスポット、「大正ロマンチカ」さん。

大正、昭和レトロな古道具屋さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Good Night.

 

photo |  2013.03.18
臨時休業のお知らせ

 

 

3月15日にオープンしました、CHIPPRUSON 実店舗ですが、翌日16日の土曜日から、臨時休業を頂いております。

オープン直後の今週末、ご来店予定にして下さっていただろうお客様、そして、オープンまでの道のりを支えて下さった関係者の方々へ、こういう選択に至りましたこと、心よりお詫び申し上げます。

休業の理由についてですが、製造作業での練習不足が露呈してしまい、お客様に提供させて頂ける状態の生地を作れていないと判断した為に、このような選択を取らせて頂くことに致しました。しばらくの間、お店の営業をお休みさせて頂き、しっかりとクオリティのあるパンに仕上げてから、もう一度オープンさせて頂こうと思っております。

プレオープン、オープンの日に、お買い上げ頂いた方々から、ご予約を頂いたり、またお店にご来店頂いたり、たくさんの「美味しい」をお伝えいただいたこと、本当に嬉しく思っており、感謝の気持ちで一杯です。

ただ、私自身としましては、もう少しだけお時間を頂くことが出来たのならば、もっと美味しいパンを焼くことが出来ると思っているので、お店の要である製造業に、今のように納得出来ていないと思うものを、間に合わせとして焼き続けるという状態で、今後、長きに渡り、パン作りと向き合っていけるとは思えませんでした。

製パン業に携わった経験はありません。だからこそ、機材に慣れる為にも、大量に焼くことに慣れる為にも、しっかりと練習する時間を取る予定でいたのですが、何もかもが追い込み状態のまま、オープンの日を迎えてしまいました。オープンに漕ぎつけたこと自体、奇跡と言っていいくらい、準備全てが遅れていたことが事実です。

Shop CardやDMを作成し、広告として各店舗に置いて頂き、たくさんのお祝いのお花を贈っていただいた、名もなきパン屋の開店ですが、二日間の営業時間、お客様とお話出来たり、スタッフ共々、とても楽しく過ごさせて頂きました。だからこそ、この選択を選んだ昨日、悔しさと申し訳なさで涙が止まりませんでした。

私のパン作りは、とにかく時間がかかります。作業工程を考え抜かないと、この製法ではお店は成り立たないだろう、と予測していたのですが、結局、色々考えきれないままのスタートを切ってしまい、修正しきれない問題が山積みの今、一度、工程内容やレシピを洗い出す意味でも、どうしても必要な時間だと考えております。

ただ、手間や時間がかかるからと、やるべき作業を省いていったり、焦る想いで作り続けていたのなら、私はきっと、小さな生きものの声が聞こえなくなってしまうのだろうと思うのです。

どこまでも、酵母に合わせて作りたい。美味しいパンを焼く為に、自分がやれることは全て、やってあげたい。それはもう、ずっと昔に誓った想いであり、そこを崩してしまうと、このお店をやる意味も、私自身がパンをつくる意味も、見失ってしまうのだろうと感じるのです。

我侭な店主の一存で、多方面へとご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳なく思っております。皆さまの想いや期待に応えきれなかった悔しさをバネに代えて、最短期間で営業開始出来る状態へ戻ってこようと思っております。尚、再スタートのお知らせに関しましては、準備時間に目途がつき次第、こちらのblog、twitter、Instagram、facebookページにてお知らせさせて頂きたいと考えております。桜が咲く頃までに、皆さまにお会い出来ますよう、店主、スタッフ共々、頑張って参ります。

何卒、ご理解頂けますよう、よろしくお願い致します。

CHIPPRUSON.  chie.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしらせ |  2013.03.17
1 / 212